鍼灸とは

鍼灸とは、東洋医学の中の治療法の一つです

東洋医学では病は体の経絡を流れる気の変調などによって起こるとされています

その病の元となっている経絡を脈診を含め東洋医学ならではの診断方法で特定し、気の流れを正常に戻す為鍼と灸を用い経穴(ツボ)に対し適切な刺激を加えます

*小児は大人に使うような鍼は使わず、専用の刺さない鍼を用います

 お灸も優しく温める様に行います

 小児はりはとても優しく気持ちのいい治療です

治療を継続的に続けることにより体に本来備わっている自然治癒力を高め、病を自分の力で内側からよくしていくことを促しながら治していく治療法です

ですからどんな体の変調も小児も含め1回では良くなることは無くかなり稀です

継続して定期的に治療していくことで病が治り、体も強く風邪もひきにくくなっていきます

そして、本来鍼灸とは電気などを必要としないオーガニックな優しい治療法です

わざと深く差したり、強く響かせたり(響かせることが必要な場合もあります)、痛いところに無理やり刺したりする必要がないのです

具体的な症状がなくても健康増進を目的に受診される方も多くいます

あまり薬に頼りたくない、電気が苦手・嫌い、マッサージが苦手、どこに行っても年齢や姿勢のせいと言われ良くなっている感じがしない

そういった方は是非当院の鍼灸を受けてみてください